放課後子ども教室推進事業

2017年8月1日

 

放課後子ども教室推進事業
 
 「放課後子どもプラン」のうち、文部科学省が実施する「放課後子ども教室推進事業」についてご説明します。

文部科学省では、平成16年度から18年度まで緊急3ヵ年計画として、「地域子ども教室推進事業」を実施してきました。
「放課後子ども教室推進事業」は、平成19年度より、「地域子ども教室推進事業」の国の支援の仕組みや内容を変更して
実施するものです。

小学校の余裕教室等を活用して、地域の多様な方々の参画を得て、子どもたちと共に学習やスポーツ・文化活動、地域住民との交流活動等の取り組みを実施しています。
 具体に何を行うかは各地域で決めていただきます。事業の主な実施主体は市町村となっており、国は各地域での取り組みに対し補助をしています。

 

  三好市では、平成19年度より放課後子ども教室推進事業に取り組んできましたが、小学校の休校に伴う廃止により、平成23年度
   より1教室のみになりました。本年度も1教室のみが放課後子ども教室に取り組み、檪生小学校の児童を中心に数多くの活動を
   展開されています。「放課後子ども教室推進事業」においても、引き続き地域の方々のご協力をお願いしたいと考えています。

 

   具体的には、

   ・コーディネーター … 放課後子ども教室と放課後児童クラブとの連携についての調整や、保護者等に対する参加の呼びかけ、学校や関係機関・団体等との連絡調整、地域の協力者の確保・登録・配置、活動プログラムの企画等を行う
   ・安全管理員 … 子どもたちの安全管理を図る
   ・学習アドバイザー … 子どもたちに学習機会の提供を行う


   などの役割を担っていただける方々のほか、子どもたちに昔の遊びや工作、伝統芸能など、何かを教え、伝えられる方々、
   こうした活動を暖かく見守っていただける方々に広くご協力いただきたいと思います。

 

        放課後子どもプランについて http://www.houkago-plan.go.jp/

       

 

関連ワード

お問い合わせ

三好市教育委員会
生涯学習・スポーツ振興課
電話:0883-72-3900
ファクシミリ:0883-72-3916