埋蔵文化財包蔵地内における土木工事等の届出について

2010年11月30日

 

遺跡写真.JPG

   埋蔵文化財とは、貝塚、古墳などのほか、地下に埋蔵されている文化財のことです。

   現在、三好市内に幾つかの埋蔵文化財包蔵地がありますが、開発工事等により、埋蔵文化財が消滅の危機にさらされています。このため、文化財保護法により、埋蔵文化財の保護・保存のための諸手続きを定めています。

 

 

 

 

 

●埋蔵文化財包蔵地に該当する場合は60日前までに届け出が必要です

 

   埋蔵文化財包蔵地(古墳・遺跡等)内において、住宅建築やその他開発工事等を行う場合は、文化財保護法第93条第1項の規定に基づき、三好市教育委員会を通じて、徳島県教育委員会に事前に届け出ることが義務づけされています。

 徳島県教育委員会が受理後、事業内容を検討し、必要な指導が届出者に通知されます。指導項目には、慎重工事、工事立会、発掘調査等があり、三好市教育委員会を通じて送付されます。
 埋蔵文化財包蔵地に該当する場合は、遅くとも工事着手予定日の60日前までに所定の届け出が必要となりますので、土木・建築工事を計画されている方は、計画予定地が埋蔵文化財包蔵地に該当するかどうか、事前にご確認ください。

 

 

 

●埋蔵文化財包蔵地の確認方法

  

   開発予定地が埋蔵文化財包蔵地であるかどうかのご確認は、次の方法により三好市教育委員会で対応していますので、いずれかの方法で、事前にお問い合わせください。

 

 (1)文化財課に出向き、周知の埋蔵文化財包蔵地を「徳島県遺跡地図」で確認する。

 

 (2)文化財課にFAXを送り、確認する。

  1)下記の問い合わせ表に開発予定地の場所が確認できる地図(住宅地図等)を添付し、三好市教育委員会文化財課までFAXでお送りください。

  2)文化財課で包蔵地に該当するかを確認後、電話にて回答いたします。

 

 

◎埋蔵文化財包蔵地の所在確認問い合わせ表様式    包蔵地所在確認問合表.pdf(59.7KBytes) 

 

◎埋蔵文化財の取り扱いにかかる手続きの流れ  

                                      

                      

 三好市内における埋蔵文化財の取り扱いに係るフローチャート図.pdf(61.0KBytes)

 

 

 ●届け出に必要な関係書類

 

 (1)関係書類  

   1)埋蔵文化財発掘の届出書(徳島県指定の様式)  → 県届出用指定様式.pdf(12.4KBytes)

   2)土木工事をしようとする土地及びその付近の地図(住宅地図等)   

   3)土木工事等の概要を示す書類及び図面

     (建物配置図、建物の平面図・立面図・基礎図・地中埋蔵物に関する図面等)

 

 (2)提出部数 2部 

関連ワード

お問い合わせ

文化財課
電話:0883-72-3910
ファクシミリ:0883-72-3916