ホームページ運用規定

2010年11月5日

東祖谷小・中学校 ホームページ運用ガイドライン

 

1 ガイドライン設定の目的
 本ガイドラインは,東祖谷小・中学校のホームページを作成し,公開する手続きなどを定めるものとする。また,児童生徒の人権を尊重し,安全かつ有効な情報発信のために設定する。

 

2 ホームページ公開のねらい
 (1)本校の教育活動をインターネット上で広く一般に紹介し,地域や社会に開かれた学校を実現する。
 (2)学校・児童生徒・保護者・地域などが交流したり意見を交換しあったりするきっかけや話題を提供する。
 (3)学習活動や学校生活の一端を公開することで,児童生徒の意欲を喚起し,学校全体の活性化を図る。
 (4)個人情報や肖像権・著作権などを尊重した運用を通じ,生徒がメディア倫理を学ぶことができるようにする。
 (5)教職員のメディア・リテラシーの向上に資する。

 

3 管理者
  本校のホームページは,学校長がその管理に当たる。

 

4 作成
  校長の任を受けた本校教職員で行う。

 

5 発信内容の注意事項
 (1)このホームページから発信する情報は,学校での活動のようす,その他公益性のあるものであること。
 (2)原則として児童生徒の個人名は出さない。児童生徒・保護者等の個人情報に対して保護を徹底する。
 (3)個人が特定できるような写真はできるだけ掲載しない。また,写真に個人名が写っている場合は,画像修正を加える。
 (4)掲載記事や写真などについて関係者より削除の申し出があった場合,速やかに対応する。

 

6 リンクについて
 (1)本ホームページにへリンクをさせる場合は,事前に連絡を行うこと。本ページの内容にそぐわない場合は,リンクを断る場合がある。

 

7 発信内容の訂正と削除について
 (1)本人,もしくは保護者から発信内容の訂正や取り消しを受けた場合,速やかに発信内容を変更する。
 (2)教育委員会やその他の組織や団体,または個人から発信内容に指摘を受けた場合,速やかに適切な処置をとる。
 (3)掲載した情報は,その目的が達成された時点で掲載を終了する。

 

8 日常の管理
 (1)日常の管理は各ページ担当者と運用担当者が行う。
 (2)本ガイドラインに沿わない公開データを発見した場合,発見者は直ちに担当者に伝えなければならない。
 (3)学校長は,公開の停止や該当データの訂正・削除等,適切な処置を運用担当者に指示する。

 

9 ガイドラインの明示
 (1)本ガイドラインは,ホームページ上に明示する。
 (2)本ガイドラインは,毎年,年度当初の職員会において周知徹底に努める。 
 (3)ガイドラインに修正の必要が生じた場合は,職員会等で検討を行い,修正する。

 

10 著作権について
  本校のホームページ上の著作に関しては,東祖谷小・中学校が有する。

 

 このガイドラインは,平成25年9月1日から施行する。