東祖谷中学校 経営方針

基本方針                                   
  1 教育課程の基準の趣旨に照らし,本校の教育目標に焦点を当て,生徒の実態に即した教育
   活動を展開し,教育目標の具現化に努める。              
  2 全教職員の共通理解と協力体制を確立し,総力を結集して,創意に満ちた学校づくりに努
   める。                               
  3 一人ひとりの生徒をよく理解し,個々の能力・適性を生かし,更に伸ばす個性伸長の教育
   実践に努める。                           
  4 PTA,その他の関係諸機関と密接に連携協力し,地域とともに伸びる教育を推進する。                                             

努力事項
  1 新世紀の展望に立った学校運営の充実
    ・ 教育課程実践を振り返り,新世紀の展望に立って,本校教育の全体計画を検討・整備し,
     調和と統一のある学校運営に努める。                 
    ・ 教育目標,めざす生徒像をすべての教育活動の中に具現化し,その達成に努める。

  2 個性の伸長と学習指導の改善
    ・ 学習指導要領を深く研究し,その趣旨に沿って,指導内容の重点化と教材の精選を図り
     指導計画,指導方法を改善して,よくわかる授業を行い,ゆとりある充実した学習活動を
     展開させるとともに学力の向上に努める。          
    ・ 一人ひとりの生徒の能力,適性を的確に把握し,個性の伸長と個人差に応じた指導を工
     夫し,主体的に学ぼうとする意欲,態度の育成に努める。
  3 人権教育を中核に据えた教育の創造
    ・ 学校ぐるみの指導体制を強化し,「徳島県人権教育推進方針」の趣旨に即した指導の徹
     底とその実践に努める。
    ・ すべての教職員が人権感覚,使命感を確立し,一人ひとりの現状に即した指導計画を立
     て,全教育活動を通じて,その指導の実践に努める。                  
  4 へき地教育の創造
    ・ 学校,地域の特性を生かし,地域とともに伸びるへき地教育の創造に努める。      
    ・ 郷土を愛し,郷土を誇れる生徒の育成を図るへき地教育の創造に努める。                     

  5 道徳教育の充実
    ・ 本校の実態に即した道徳教育の目標を設定して,道徳教育の全体計画を充実するととも
     に指導の重点を明確にして,内面的自覚の深化に努める。        
    ・ 家庭や地域社会の連携を図り,日常生活の基本的行動を習慣化させるとともに,自他を
     敬愛し,切瑳琢磨しともに伸びる生徒の育成に努める。     
  6 生徒指導の徹底
    ・ 全教職員の総意を結集した生徒指導体制を確立し,教職員と生徒との人間的ふれあいを
     基盤にした生徒指導を展開し,社会の中で正しく自己実現できる能力,適性の伸長に努め
     る。                           
    ・ 学校,家庭,地域社会が一体となり,その教育的機能を高めつつ,心身ともに健全な生
     徒の育成に努める。                     
  7 健康の保持増進と安全教育の充実
    ・ 教育活動全体を通じて,健康・安全の保持増進と体力の向上を図り,心身の調和的発達
     に努める。                             
    ・ 自他の生命と人権を尊重する安全教育を徹底し,未然に事故を防止するとともに,明る
     く豊かで,活力のある生活を営む能力や態度の育成に努める。  
  8 福祉ボランティア活動の充実                            
    ・ 奉仕やボランティア活動などを通して,福祉についての正しい理解と認識,相互援助の
     心を持った生徒の育成に努める。
    ・ 自他の人権を尊重し,人間性豊かな生徒の育成に努める。

  9 環境教育の充実
    ・ 人間と環境の関わりについての認識を深め,よりよい環境を創造し,主体的に活動でき
      る生徒の育成に努める。                               
    ・ 環境問題を正しく理解し,自然を大切にする生徒の育成に努める。
  10 教職員の資質の向上と研修の充実
    ・ 教育公務員としての重責を自覚し,その職責を遂行するため研修活動を充実し,資質,
     指導力の向上に努める。                       
    ・ 人として常に切瑳琢磨できる人間関係・職員室づくりに努める。