徳島県健康教育研究大会が本講で開催されました(分科会の様子)

2016年11月15日

11月11日(金) 徳島県健康教育研究大会が本校で開催されました。

 

 

  

 

 

 公開授業後は,各学校の先生方による提案発表がありました。

 

 第1分科会では「学校全体で取り組む保健指導-担任と連携した保健指導教材集の活用-」について話合いました。

 第2分科会では「生涯にわたり主体的に望ましい生活習慣を確立できる児童の育成-肥満の予防や改善に向けた取組を通して-」について話合いました。

 第3分科会では「課題に気づきよりよい生活を実践しようとする児童の育成-保健学習と保健指導をつないだ取組-」について話合いました。

 各分科会とも,熱の入った話し合いとなりました。

 午後の全体会では,岡山大学大学院教育学研究科 棟方 百熊先生をお招きし,「これからの健康教育-なにを目指すか,どのように学ぶか-」の講演をしていただきました。

 

 

 本校では,「豊かな心と健やかな体を育み,自ら健康づくりに取り組む子どもの育成」という主題のもと,生活習慣,食に関する指導,心の教育,安全・防災と4つの視点で取り組んできました。変化していく社会の中で,子どもたちが心身ともに健やかでたくましく生きていくために,様々な体験を通して自分の心や体と向き合いながら,心身の健康づくりに意欲的に取り組む子どもの育成を目指していきます。家庭・地域・関係諸機関等の皆様のご協力を得て今後とも取り組んで参りたいと思っております。ご協力よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

檪生小学校
電話:87-2386