歴史の散歩道(池田中学校の歴史)

公開日 2016年10月20日

 平成28年度、池田中学校の生徒数は234名です。生徒数の減少とともに廃校になり、私たちの記憶から消えていった中学校のことを調べてみました。昭和40年頃(1965年)には、三好郡内に3高校と21中学校、8分校がありました。現在の池田中学校の校区には、池田中学校、箸蔵中学校、佐馬地中学校、三縄中学校、出合中学校の5校と馬場分校、野呂内分校、影野分校がありました。井川中学校の校区には、辻中学校と井内中学校の2校がありました。山城中学校の校区には、山城中学校、大野中学校、河内中学校、三名中学校の4校と上名分校がありました。西祖谷中学校の校区には、檪生中学校、吾橋中学校、善徳中学校の3校と小祖谷分校、西岡分校、有瀬分校がありました。東祖谷中学校の校区には、落合中学校、栃ノ瀬中学校、和田中学校、菅生中学校の4校がありました。三加茂中学校校区には大藤分校がありました。それらの中学校の統合が昭和45年頃から進んでいきました。昭和42年の三好郡内の中学校の生徒数は、なんと6,857名という数でした。池田中学校の校区の生徒数も2,001名と、現在の9倍近くの数でした。ちなみに、三好郡内の小学生の数は10,868名でした。いかに多くの児童生徒が学んでいたかわかります。

 

 池田中学校校区の中学校の変遷について、校舎の写真を掲載した記録をまとめてみました。pdfをご覧ください。

  歴史の散歩道.pdf(2MB)

 

 

お問い合わせ

池田中学校
TEL:72-2140

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード