学校の歴史

沿革の概要
 
 明治 7年 地福寺の庫裡を借り開校
 明治19年 東井川村と合併し,簡易科を中津に移転                   
 明治36年 南校舎落成
 明治39年 北校舎落成
 大正 2年 野住分教場を置く
 昭和16年 井内谷国民学校と改称
 昭和22年 井内小学校と改称 
 昭和25年 給食を始める
 昭和38年 特殊学級開設
 昭和42年 鉄筋三階9教室及び昇降口(延842㎡)
 昭和43年 鉄筋3教室及び二階建便所(延344㎡)                                   

 昭和48年 創立百周年事業(創立百年史他)                                          
 昭和53年 野住分校鉄筋校舎竣工
 昭和59年 管理棟及び屋内運動場落成
 昭和61年 防球ネット取り付け工事                                                  

 昭和63年 三好郡学校同和教育研究大会研究指定校
 昭和64年  新年 新元号「平成」となる                        
 平成 2年 青少年読書感想文全国コンクール毎日新聞社賞                   
 平成 3年  教室,照明2灯式に取りかえ工事、児童用便所,簡易水洗トイレに取りかえ  
 平成 5年 野住分校休校
 平成 6年 校舎廊下滑り止め取付工事及びプール改修工事                              
 平成 7年 校舎東側フェンス改修工事
 平成 8年 プール更衣室新築
 平成 9年  三好郡国語教育研究大会開催
 平成12年  障害児学級廃級

 平成16年 文部科学省指定「地域子ども支援教室事業」(3年間の指定)
 平成18年 非常階段手すりかさ上げ工事,保健室シャワー工事,校舎1階南ベランダ側フェンス取り付け工事完了
 平成19年 プールトイレ簡易水洗工事完了,徳島県明るい選挙啓発ポスター作品コンクール優秀校
 平成20年 ケーブルテレビ使用開始,複式学級となる 特別支援学級設置
 平成21年 環境ISO認定校となる AED設置

 平成24年 耐震化工事実施

 平成25年 井内幼稚園が小学校校舎内へ移転 入園・入学式を実施 

 平成26年 旧井内中学校校舎解体工事

 平成27年 年度末をもって井内幼稚園休園