徳島大学埋蔵文化財調査室出張講義第2回

2016年7月11日

0711maibun1.jpg0711maibun2.jpg0711maibun3.jpg0711maibun4.jpg

7月11日 4月に引き続き徳島大学埋蔵文化財調査室の出張講義第2回を行いました。今回は,社会科・江戸時代の学習に合わせ,新蔵町と常三島キャンパスから出土した江戸時代の品物について,埋蔵文化財調査室の端野先生と脇山先生が講義と解説をしてくださいました。割れた茶碗をガラスの粉末で繋ぐ焼き継ぎという方法で修理して使っていた形跡も見え,江戸時代はリユース・リサイクルが徹底していたことも分かりました。

お問い合わせ

政友小学校
電話:86-2112