経営方針及び教育目標

2019年度 三野中学校経営及び教育目標

校訓 「進まざればしりぞく ただ努力あるのみ」

 1 教育目標

       「知・徳・体の調和がとれ、社会の変化に対応し、たくましさとしなやかさを備えた人間力の育成」

 2 めざす生徒像

      ○ Action 自己責任を明確にして がんばり抜く 明朗な生徒
      ○ Thinking 自ら学び 自己を高める 優れた生徒
      ○ Teamwork 認め合い 支え合う  心優しい生徒

 3 めざす教師像

      ○ Action 生徒・保護者・地域とつながり信頼される教師
      ○ Thinking 自ら研修に励み教師力を磨く教師
      ○ Teamwork 協力し合い組織で動く教師

 4 本年度の努力事項

  (1)確かな学力を身につけた生徒の育成を図る。  

   ①指導方法の工夫改善                                                         
    ○基礎的・基本的事項の指導を徹底し「わかる授業」の実践と一人ひとりの生徒の学
     力向上に努める。         

         ○効果的なICTの活用を図る。
    ○自ら進んで学ぶ学習態度の育成と習慣化に努める。      
      ②キャリア教育の推進と進路指導の充実
        ○中学校期におけるキャリア発達を支援し,必要な能力や態度を育てる。
        ○正しい勤労観,職業観を身につける。
        ○適切な進路指導の充実を図る。
      ③読書の習慣化・生活化を図る。
      ④家庭学習の向上を図り,学習習慣を定着させる。
      ⑤王地小、芝生小と学習状況について交流・連携を図る。

 (2)人権教育を柱に据え,特別支援教育,道徳教育の充実を図る。 

      ①人権教育の徹底                                                             
        ○人権尊重の精神の涵養に努め,人権尊重社会に寄与する生徒の育成を図る。     
        ○教職員の人権意識の高揚を図り,人権尊重の精神を高める実践に努める。
   ②特別支援教育の充実                                                         
     ○全職員の共通理解と協力体制のもと適正な就学指導により,一人ひとりの障がい・
     能力・適性等に応じ,社会的自立をめざした教育を推進する。                        

         ○共育に努め,基礎学力の向上と望ましい生活習慣の形成に努める。             
   ③道徳教育の充実                                                             
    ○ボランティア活動や自然体験活動等を生かした指導のあり方を工夫する。       
         ○道徳の指導を充実し,道徳的実践力の育成と心の教育の充実を図る。  

 (3)健康・安全・防災教育の徹底とたくましい体の育成

     ①健康・安全教育の充実                                                       
        ○命を大切にする教育を充実し,施設設備の安全と事故防止に努める。       
     ○健康や食への関心を高め,自己の健康管理ができる生徒の育成に努める。
   ②危機管理対策の充実                                                         
        ○防災マニュアルにより,緊急時の対応を熟知するとともに実践力を身につける。       

       ○平時における危機管理の充実を図る。                                     
      ③たくましい体の育成
        ○学校体育の充実と部活動の活性化を図る。
        ○家庭との連携による基本的生活習慣の定着を図る。(早寝・早起き・朝ご飯)

 (4)温かい学級づくりや主体的な生徒会活動により,生徒が輝く学校生活を築く。

    ①温かい学級づくり                                                           
    ○各学級の実態に即した目標を明確にし,学校教育目標の具現化に努める。       
    ○生徒一人ひとりの個性を尊重し,きめ細かな指導をすすめる中で,自主的・創造的
     活動を展開し,個性あふれる学級経営に努める。                                

     ②主体的に取り組む生徒会活動                                                 
    ○生徒会活動を活発にし,自治・自律・連帯の意識を高める。                   
    ○生徒の活躍できる場の設定とその指導を徹底する。                           
      ③生徒指導の充実                                                             
         ○教職員の共通理解のもと,生徒指導体制を確立する。                         
    ○生徒と教師の人間的なふれあいを大切にし,教育相談的配慮を持つ。           
    ○学校と家庭・地域社会との連携を密にし,校外指導体制の輪を広げる。 

 (5)学校評価を充実し,開かれた信頼される学校づくりを推進する。 

   ①学校運営と校内研修の充実                                                   
    ○校務分掌組織の工夫改善を図り,組織として機能する教職員集団づくりに努める。
         ○学校評議員との連携と学校関係者評価の活用を図る。
    ○校内研修を積極的に推進し,教職員の共通理解を図り生徒の指導に生かす。 
    ○研修は常に生徒を見つめて実態に即し,実践的な研究を推進する。             
   ②特色ある学校づくり                                                         
         ○総合的な学習の時間や学校・学年行事等を利用して地域の様々な教育資源(学校支援ボラン

      ティア)の活用を図る。    
      ○ナンバーワンスクール,ステップアップスクールの実現を図る。               
   ③グローバル化・情報化に対する教育の推進                                             

         ○国際社会の認識を深め,日本人として行動できる能力や態度を育成する。       
         ○英語教育,国際理解教育,国際交流の推進を図る。
    ○情報を適切に活用・選択し,発信できる能力を育成する。                     
   ④環境教育,福祉教育,ボランティア活動の充実                                 
         ○郷土の自然や文化と関わり,美しい豊かな自然環境を守り,自然を愛するとともに豊かな心を

      育む学校づくりを推進する。
    ○自然環境の保全や学校環境美化に関心を持ち,計画的・継続的な環境教育を実践する。

         ○新学校版環境ISOの推進を図る。
    ○社会福祉への理解と関心を高め,社会福祉・社会連帯の精神を養う。 

   (6)望ましい生活習慣の定着を図る。

       ○あいさつができる,掃除ができる生徒の育成を図る。                                

        ○「早寝,早起き,朝ご飯」運動を推進する。