学校経営

基本方針

学校は,子どものためにある=子どもを判断基準の中心におく・子どもの課題は教師の課題である

  1. 教育活動を子ども中心に企画し,実践・評価しながら取り組むとともに,へき地・小規模複式の特性やよさを生かした学校経営をする
  2. 全教職員が,協働(共動)体制をとって,意気・熱意・感動のある学校づくりを推進する。また,家庭・地域社会・関係機関との連携を密にし,開かれた学校づくりに取り組む
  3. 教育専門職としての識見を高め,子どもとともにのびる教師,家庭・地域社会から信頼される教師を目指し研修に取り組む


重点努力目標

  1. 学校運営の充実
  2. 学習指導の工夫改善と充実
  3. 生徒指導の徹底
  4. 道徳教育の充実
  5. 人権教育の推進
  6. 特別支援教育
  7. 環境・福祉教育の推進
  8. へき地・複式教育の充実
  9. 食育・農業教育の推進