都道府県庁訪問の旅

公開日 2019年9月3日

9月3日(火)

西中では、生徒・職員が運動習慣を身につけるため、全員が歩数計を持って、毎日の歩数を計測しています。

入学・転任からの累計歩数を日本地図に落とし込み、県庁所在地を巡っています。

夏休みも終わり、「都道府県訪問の旅」の距離も伸びました。

現在トップは3年の森くんで、大分市(約5,900キロ)です。卒業までにゴール(鹿児島市)に到着してくれるでしょう。

ちなみに、1日 6,7【機種依存文字】平均歩いたことになります。

職員の1位は石川先生で にかほ町(秋田県 約3,600キロ)です。