経営方針

経営方針


 (1)愛情にあふれた教育の実現
    ①すべての子どもたちの持つ可能性を大切にする。
    ②教師と子ども,子ども同士の縁を大切にする。
    ③個に応じた教育を実践する。


 (2)一人一人の教師の力の結集を基盤とした,学校経営の実現
    ①お互いに信頼し合い,助け合い,共に成長する教師集団づくりに努める。
    ②よりよい学校づくりをめざし,創造性豊かに取り組む教師集団づくりに努める。
    ③風通しのよい教師集団づくりに努める。


 (3)安全で安心,そして活気あふれる学校づくり
    ①いじめをなくし,「命」を大切にする教育の推進する。
    ②生き生きと学べる学習環境づくりをする。
    ③危機管理意識を高め,よりよい環境づくりにむけての取り組みを進める。

 

本年度の努力事項 

 

(1)学校経営の充実

   教育目標を教育活動に具現化するため,全教職員が学校教育目標に

  則した具体的目標をもち,協働体制で物事にあたる。地域の根ざした

  活動を充実させる。

 

(2)学習指導の改善

   基礎・基本や確かな学力を習得させるため丁寧な授業を行うととも

  に,一人ひとりの教育的ニーズを把握して適切な指導及び必要な支援

  をし,学ぶ意欲を育てる。

 

(3)人権教育の推進

   自他の人権を尊重し,思いやりの心をもつ生徒を育成する。いじめ

  問題に真剣に取り組み,学校からあらゆる差別をなくす。自分の意見

  を堂々と述べられる生徒を育成する。

 

(4)道徳教育の充実

   教師と生徒,生徒相互の人間関係を深め,様々な体験活動と授業を

  関連させ,豊かな感性と温かい心をもった生徒を育成する。道徳の時

  間の充実を図る。

 

(5)家庭との連携・協力体制の強化

    様々な方法を用いて,学校・家庭・地域の連携を綿密に行う。学校

  通信・学級通信の発行やHP等の更新に努め,学校の様子を知らせる。

 

(6)ふるさと学習の推進

   地域の特性を生かし,地域に根ざした教育を推進するとともに,体

  験活動を取り入れるなど地域の教育力を活用する。諸機関との有効な

  連携を行う。

 

(7)お年寄りを大切にする教育の充実

   高齢者とのふれあいを通して,高齢者問題を自分たちとの関わりの

  中で捉えさせ,高齢者を理解し,互いに尊重し合える生徒を育てる。

 

(8)活発な言語活動の推進

   朝の読書活動をはじめ,すべての教育活動の中で言語活動を重視し,

  生徒の表現力,思考力を育成する。

 

(9)英語力の充実と英語活動の活発化

   外国人観光客が増加している本校校区の地域性を十分に活用し,英

  語によるコミュニケーション活動の活発化とその基盤となる英語力の

  強化を図る。

 

10)チェーンスクール事業の充実

   年度ごとに評価改善を行いながら,生徒職員ともに校区内2小学校と

  の連携を図り,地域の特性を生かした多様な学びの保障に努める。

  小中連携の西祖谷モデルをつくる。