校長あいさつ

 
学 校 長 あ い さ つ


                                                                                                                     三好市立落合小学校
                                                                                                                       校長 下川 純代

 


 こんにちは。落合小学校のホームページへようこそお越しくださいました。

 

 

  本校のある三好市東祖谷は,西日本第二の高峰剣山(つるぎさん),コメツツジで知られる三嶺,渓谷美の祖谷川などの山河,珍しい植物など豊かな自然環境に恵まれ,奥祖谷二重かずら橋などの景勝地,平家の落人伝説や民謡などが数多く残る伝統文化豊かな土地柄です。
 2005年12月には,校区の落合集落が国の伝統的建造物群保存地区に選定され,地域が一体となってその景観の保存に取り組んでおり,江戸中期から昭和初期にかけて建てられた家屋や茅葺き屋根の民家が残る集落群は,観光地として注目されています。本校児童にとっても総合的な学習の時間を中心とした学習活動において貴重な教材となっています。

 
     3級へき地である本校は,明治22年に創立され,本年度末には,121回目の卒業生を送り出す歴史と伝統のある学校です。自然とともに生きる地域住民の教育に対する熱い思いで温かい支援を受け,知・徳・体調和のとれた人間性豊かな児童の育成を目標として今日まで充実発展して参りました。

 本校の15名の児童は,明るく挨拶をし,いつもなかよく,外遊びが大好きなとても元気な子どもたちです。徳島県では“阿波っ子巣立ち宣言”と題して,児童・生徒が日々の学校生活の目標を決め実践しております。本校でも“優しく・強く伸びる“ことをめざして,生活習慣や学習習慣をしっかり身につけようとしている子どもたちの姿が見られます。
 また,三好市では,信頼と活力ある学校づくり推進のために『オンリーワンスクール』目標と短期間の『ステップアップスクール』目標を設定し,学校教育活動に取り組んでおります。本校でも,地域の特色を教育活動に生かすとともに“小規模校のよさを生かした確かな学力をつける学び合い”を目標として,複式授業の工夫改善や集団づくり,読書習慣や思いやりのある言葉づかいの定着などを推進しております。

 
保護者・家庭・地域の学校教育に対する温かい理解を得て総合的な学習の時間,行事等の多くの活動でご指導・ご協力をいただいています。そのことを通して子どもたちが地域の良さや人の温かさを感じ,地域で共に生きること,大地に根付いて生きることの素晴らしさを感じています。

 
しかしながら,児童数の減少で東祖谷の5つの小学校が統合することになりました。東祖谷中学校との連携教育で教育効果を図る東祖谷小学校・中学校として2012年4月に新たに開校することになっており,現在,中学校所在地に小中一体型の新校舎の建築が始まっております。

 
  2011年,教職員一同,力を合わせて教育活動に取り組み,歴史と伝統ある本校の有終の美を飾ることができるよう励んで参りますので今後ともご支援,ご協力のほどよろしくお願い申しあげます。

 
 学校教育目標やその他教育活動全般につきましては,各内容をご覧いただき本校教育についてのご理解を深めていただければ幸いです。