学校経営

平成22年度 落合小学校 経営方針

                                                落合小学校長  下川 純代

校訓  正しく 明るく たくましく

子ども像

○ 生き生きと生活する子     具体化 おちあいっ子 の掲示
○ 学ぶ楽しさが分かる子
○ 仲間と共に成長する子

学校像

○ 楽しい学校
○ 前進する学校
○ 美しい学校

教師像

○ 強い使命感を持ち 元気な教師
○ 自己を高め 信頼される教師
○ 地域と共に 生きる教師 

教育目標 ふるさとを愛し,心身ともに健康で,人権感覚に優れ,
       主体的に生きる心豊かな子どもを育成する。  

 経営方針

○ 基本的人権を尊重し,豊かな人間性やたくましい体を育てる。
○ 基礎・基本の確実な定着を目指して,教員の指導力の向上を図るための研修の工夫・改善に努める。
○  互いの良さを認め,生かし,何事にも前向きに取り組み,組織力の高い教職員集団を目指す。
○ 家庭・地域との連携を深め,それぞれの教育機能を生かして地域ぐるみで健全な子どもを育てるため
      に開かれた学校づくりに努める。
○ 学校評価によって明確になった課題を重点目標に取り入れ,更に指導と評価の一体化を図る。  

 

 
重点目標
○ 学習指導
  ・ 一人ひとりの学習意欲を高め,確かな学力の定着と向上を図るため,少人数・複式学級における授業
       研究等研修をとおして,更に指導法の工夫・改善に努める。
  ・ 作文に取り組む時間を確保し,意欲の向上と指導方の工夫・改善により作文力の向上をめざす。  
  ・ 家庭での学習習慣の確立や読書時間増をめざして,家庭と連携した取り組みをいっそう充実させる。


○ 人権教育
   ・ 人権の大切さが実感できる取り組みを推進する。
   ・ 友達を傷つけない思いやりのある言葉遣いができる子どもを育てる。
   ・ 人権教育に関する啓発に努め,児童や保護者の人権意識を高める。
○ 特別支援教育・生徒指導等
   ・ 特別支援教育について全教職員で研修を深め,支援を必要とする児童の正しい理解に努め,個に応
         じた指導を工夫する。
   ・ 「いじめ」という概念を子どもの発達段階において理解させるとともに,「いじめ」を許さない学級・学校
        となるよう努める。
   ・ 時と場に応じた挨拶や言葉遣いができる子どもを育てる。
    ・ 保護者や関係機関との連携を深める。


○ 複式における授業研究はもとより,人権教育,特別支援教育,防災管理,不祥事防止等に関する研修
      の充実を図る。


○ 積極的な情報発信や収集に努め,保護者,地域の願いを知り,応えていく教育の推進に努める。
  
○ 組織目標を全員で共有し,校務分掌に新しいアイディアを盛り込むなど工夫改善を行い,協働体制づく
      りに努める。