学校経営

(1)教育目標
    「心豊かにたくましく生きる児童の育成」

 

   人間尊重の精神にたち,豊かな感性,創造的知性,強健な心身をもち,郷土や国を

   愛し,自主・自立の精神に富み,心豊かにたくましく生きる児童を育成する。

 

(2)校訓
      「正しく ゆたかに たくましく」

 

(3)めざす子ども像

    ① 思いやりのある子ども
       ○ 明るく助け合う子
       ○ 気持ちよく人に接する子
       ○ 仲間とともに生きていく子

    ② 進んで学ぶ子
       ○ 問題をとらえられる子
       ○ 計画し実践できる子
       ○ 自分の考えをもち表現できる子

    ③ 最後までがんばる子
       ○ 自分の言動に責任がもてる子
       ○ ねばり強くやりぬく子
       ○ 自分をきたえる子

 

(4)経営方針

  ① 人権尊重を基盤とした学校づくりに努め,子どもが喜んで登校する,生き生きと

    した学校づくりを推進する。

  ② 教職員相互の共通理解を図り,全職員で全ての児童の自己実現を支援する。

  ③ 学校・家庭・地域との連携を密にし,地域に根ざし,地域の信頼にこたえる教育

       実践に努める。

  ④ 教職員一人ひとりが正しい教育観・使命観を確立し,日々の堅実に教育実践を

   累積する。

 

(5)本年度の重点目標及び具体策

  ① 一人ひとりの願いが生かさる学級づくりと,人権教育の徹底

    ○ 相手の立場にたって考え,行動できる子どもを図る。

    ○ 個々の児童をしっかりと見つめ,存在感が感じられる学校づくりを推進する。

    ○ 人権教育の参観授業の実施しと,家庭・地域への啓発を図る。

 

    ② 一人ひとりのを大切にした学習指導の改善と充実

       ○ 読書に親しみ,進んで表現できる子どもに育成を図る。
       ○ 個に応じたきめ細かな指導を展開し,基礎的・基本的内容の定着を図る。
       ○ 他校との交流学習を充実させる。

 

    ③ 健康・安全教育の充実
       ○ 施設・設備の安全確保と安全教育の充実を図る。
       ○ 運動に親しみ,将来にわたって健康で安全な生活を送ることができる児童の

    育成を図る。
       ○ 保護者と一体となった登下校時の安全確保に努める。

 

    ④ 体験活動を重視した,家庭・地域に開かれた生徒指導・心の教育の展開

       ○ 道徳時間の充実を図り,体験活動等を生かした心に響く授業を展開する。

       ○ 教師,児童相互の人間的触れ合いを密にし,個性を生かす指導に努め,いじ

    め・不登校0の学校を実現する。
       ○ 家庭・地域との連携を深め,協力して基本的生活習慣の定着を図る。

 

    ⑤  特別支援教育の推進
       ○  継続した校内研修を通して,支援体制を強化し個々の児童のニーズに応じた

    支援を充実させる。
       ○  保護者・各関係機関との連携を図りながら,よりよい支援に努める。

 

    ⑥ 福祉教育・ボランティア活動の推進に努める。
       ○ 一人ひとりの自主的な活動を通して,福祉への理解と関心を高め,社会奉仕

    への精神を養う。

 

    ⑦ 情報教育の推進
       ○ 教育活動全体を通じて,情報活用の実践力・情報の科学的な理解・情報社会

    に参画する態度を養う。

 

    ⑧ 信頼される学校づくりの推進
       ○ 積極的に情報を発信し説明責任を果たしながら,保護者・地域の要望や願い

     を真摯に受け止め,自己改善への取り組みを推進する。

       ○  地域の教育力を生かしながら,誠実な教育実践を積み重ね,オンリーワン・ス

     テップアップスクールを目指す教育を推進する。