学校の歴史

栃之瀬小学校沿革史
明治45. 4 大枝尋常高等小学校・小川尋常小学校及び阿佐分教場・釣井尋常小学校元井
分教場を併合して, 徳島県美馬郡栃之瀬尋常高等小学校と称する。
昭和22. 4 学制改革にともない,徳島県美馬郡東祖谷山村栃之瀬小学校と称する。
同中学校を併設
昭和25. 1 行政区画変更のため,徳島県三好郡東祖谷山村栃之瀬小学校と校名改称する。
昭和32.12 小学校校舎新築( 北校舎)
昭和34. 5 谷道分校開校する。
昭和36. 4 特殊学級を設置
昭和36.12 開校記念式記念事業(創立5 0 周年)
昭和39.10 校舎改築( 南校舎)
昭和43. 3 体育館( 僻地集会室)新築
昭和44.11 谷道分校廃止する。
昭和45. 2 管理棟の完成( 職員室, 校長室, 用務給食室)
昭和48. 4 統合中学校開設により, 併設の旧中学校は廃校となる。
昭和52. 7 駐車場を設ける。
昭和56. 2 教員住宅単身者用一棟二階建(2,3号)完成
昭和57. 2 教員住宅単身者用一棟平屋建(4,5号)完成
昭和58.12 国道4 3 9 号昇格に伴う運動場壁完成
昭和59. 9 水道工事元井谷(3.6Km) 完成
昭和61.10 阿佐谷より飲料水パイプ増設( 麦生土)
昭和62. 1 教員住宅妻帯者用一棟平屋建(1号)完成
昭和62. 4 特殊学級を閉鎖
平成1.11 栂の峯よりの水道管一部埋設
平成2. 8 栂の峯よりの水道管一部埋設, 南校舎壁面の塗装
平成3. 1 栃之瀬保育所及び栃之瀬小学校改築推進委員会設立
平成4. 6 北校舎解体
平成4. 8 新校舎起工式
平成5.12 新校舎落成式
平成7. 3 教員住宅妻帯者用並びに単身者用一棟二階建(6.7.8.10.11号)完成
平成9. 3 運動場拡張なる。
平成12. 6 徳島県交通安全モデル校指定
平成15. 1 平成14年度徳島県学校安全優良校
平成15. 4 障害児学級設置
平成16. 3 学校・奥新居屋間水道管取り替え
平成16. 4 食農教育推進事業指定研究校
平成17. 5 ブランコ設置( ベルマーク教育助成財団による教育支援)
平成17. 6 第3 1 回ショウワノートキャンペーン入賞( 中国・四国ブロック第2位表彰)
平成18. 1 平成1 7 年度ソニー子ども科学教育プログラム努力校に選定される。
平成18. 3 合併により, 徳島県三好市立栃之瀬小学校と校名改称する。
平成18. 6 四国電力「エネルギー教室」をコマーシャルビデオに収録。
西日本地域で2年間放映される。
平成18. 7 財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団「トム・ソーヤスクール企画コンテス
ト」に親子体験学習(栃っ子体験塾i n 祖谷川)の企画案で応募。活動支援金
として1 0 万円寄贈される。
平成18. 9 財団法人みずほ教育福祉財団より, へき地教育設備助成事業の一環として児童
図書( 3 5 , 0 0 0 円分)が寄贈される。
平成19. 5 青少年赤十字に加盟
平成20. 2 平成1 9 年度「学校版環境I S O 」校に認定される。
認定期間は平成2 3年3月3 1 日まで。
平成20. 6 警備保障設置( 日本プロテック)
平成20.11 徳島県赤十字有功会池尻英昭様より, A E D が寄贈される。
平成21. 2 平成2 0 年度ソニー子ども科学教育プログラム努力校に選定される。
平成21. 2 学校水源地パイプ亀裂により交換作業が行われる。
平成21. 2 学校への登り坂の側溝を水が流れるように修理する。
平成22. 2 とくしま環境県民会議より夏のエコスタイル関連事業「チャレンジ!夏のエコ
チェック& トライ」において表彰される。
平成22. 4 特別支援( 情緒) 学級設置
学級増により(計8学級) 特別支援学級は,1教室を仕切りで2学級に,図工
室は,3年教室にする。
平成22. 5 デジタルテレビ4 台設置( 学校I C T 環境整備事業)

平成24. 3 東祖谷小学校に統合により廃校