食育交流会が行われました!

公開日 2019年8月6日

           

 8月2日(金)に食育交流会が行われました。全体テーマは【未来へ伝える ふるさとの食事】でした。

【第一部】は「ぼくが命をいただいた3日間」というDVDの鑑賞をし,【第2部】は,「ふるさとじまんの〇〇〇」というテーマで松本珠実先生(現昼間小学校教頭  前県教育委員会 食育指導主事)の講話とワークショップでした。

第一部のDVDは,都会で暮らす少年が父親のふるさとの祖父母のもとで3日間生活し,食べることのありがたさや命の尊さを学び,「いただきます」という言葉に込められた真の意味を知るという内容のドラマでした。鑑賞した子どもたちも「いただきます」の意味を考えたのではないでしょうか。

第2部は,松本先生から,地産地消の食物がどうしてよいのか,徳島県の特産物はどんな食材があるのかなどの講話を聞き,その後特産物を使った料理をなかよし班で考え,発表しました。15分という短い時間でどの班もアイデアあふれる料理とそのネーミングを考え素晴らしかったです。食事について考えることができ,楽しい食育交流会になりました。