校長あいさつ

ごあいさつ

 

   歴史と伝統に輝く辻小学校に赴任し,喜びとともにその責任の重さを感じています。私自身,教諭時代に3回,計12年間の勤務経験がある学校ですが,その当時と変わらず,学校教育への支援を惜しまない保護者の皆様や地域の皆様の温かさに包まれています。時の流れはあっても,教育熱心な辻の風土や,挨拶がしっかりでき礼儀正しい辻っ子の生活は綿々と引き継がれています。
  さて,変化が激しいこれからの社会を生き抜く子どもたちに必要な力は何か,その力をどのように身につけさせるかが,今の学校に与えられた重要課題です。本校では,未来を切り拓く子どもたちに必要な力として,特に「思考力」=「考える力」の育成に取り組んでいます。

 

辻っ子は (しっかり)考える (進んで)行動する (根気よく)続ける

 

授業中だけでなく,学校生活の様々な場面で子どもがしっかり考える場を設定し,主体的に行動し,それを続け,身につけることができるよう支援していきたいと考えます。

 

   加えて,本年度本校は,文部科学省「つながる食育推進事業」の指定校として,学校・家庭・地域がつながり,子どもに確かな「食の力」を育成することができるよう,研究を進めています。年間を通して,様々な親子学習プログラムや学校・家庭・地域がともに学ぶ講演会や研修会,交流会等を計画しています。学校・家庭・地域の三者が強く結ばれ,食育を通して子どもの健全育成を図りたいと思います。

 

                                                             三好市立辻小学校長    内田 公生