起震車体験及び避難経路疑似体験

2017年1月23日

平成29年1月18日 水曜日

 

 

三好市役所 危機管理課の方々の協力を得て,起震車体験及び避難経路疑似体験を行いました。

 

地域の方々にもご案内したところ,多くの方々にご参加いただきました。

 

まずは,運動場にて起震車体験。

 

近い将来,直面する可能性がある南海地震を想定して,震度5強から震度7程度の縦揺れや横揺れを体験しました。

 

思った以上の強い揺れにびっくり!

 

机の下にもぐったけれど,机で頭を打ったり,強い揺れで,どんどん机の下から体が出てしまったり。

 

起震車体験をした後は,

 

「起震車は机が固定されていたから,どうにか大丈夫だったけど,固定されていなかったら飛ばされていたかも。」

 

「机の下にもぐるときは,机の脚をしっかり押さえて,頭を守らなきゃいけないな。」

 

など,子どもたちはしっかり考えながら体験できている様子が見受けられました。

 

次は,体育館にて避難経路疑似体験。

 

天井が下がってきている場所や,液状化,がれきが散乱している場所などを想定した避難経路。

 

腕や足,目を負傷している人がいる中でどのように避難するのか。

 

自助・共助についていろいろと考えながら,体験することができました。

 

地震などの自然災害に直面したとき,的確な意思決定や行動選択ができるようにするため,

 

日頃から,ご家庭や地域でも,災害時の対応について話し合っていただければと思います。

 

ご協力いただいた危機管理課の方々,ご参加いただいた地域の皆さま,ありがとうございました。

 

 

起震車体験・避難経路疑似体験

お問い合わせ

馬路小学校
電話:74-0460