人権教育授業参観・講演会

2017年7月13日

 7月7日(金)午後、人権教育の授業参観と講演会を実施しました。1・2年生は自分の名前に込められた思い・願いについての学習、4・5・6年生は自分の誕生を家族がどのような気持ちで待ち望んでくれていたかという学習を行いました。両教室とも保護者の方に参加してもらい児童と一緒に話し合いながら学習を進めました。

 授業参観の後、鳴門教育大学教授で徳島県人権教育指導員の阿形恒秀先生に「なかまづくりのむずかしさとたいせつさ」という演題でご講演いただきました。絵本やアニメを教材に子どもにわかりやすいお話をしてくださいました。人は一人で頑張る(自立)・誰かと安心(依存)のバランスで生きていること。その中でも「なかま」と向き合い、自分らしく生きていくことの重要性を教えていただきました。参会した保護者や地域の方からも、今後の生活の中で生かしていきたいとの好評の声を多数頂戴しました。

 

 

IMG_3069.JPG  IMG_3074.JPG  IMG_3097.JPG

 

 

DSC05892.JPG  IMG_0013.JPG  DSC05901.JPG

お問い合わせ

馬路小学校
電話:74-0460