着衣泳を行いました。

公開日 2019年7月18日

 7月17日(水),水難事故を想定した,着衣泳を行いました。まず服を着て水の中で歩いた後,クロールや平泳ぎで泳ぎました。児童たちは,「服が重たくて,思うように動けない。」「体が沈んでしまう。」と水着での水泳とは異なる泳ぎの難しさを体感しました。そして,ペットボトルやレジ袋など浮力体を用いた浮き身や,浮力体なしでの浮き身を練習しました。いざというときに呼吸を確保し,救助されるまで浮き続ける自己保全の仕方を学びました。