わたしたちが考えた次の元号

公開日 2019年3月1日

 

 

2月18日(月)の朝会で、子どもたちに元号の話をしました。

今年の5月1日から新しい元号に変わります。

そこで、自分だったらどんな元号にする?と問いかけ、理由も書くようにと

応募を呼びかけました。すると、多くの児童から応募がありました。

その一例を紹介します。

 

笑陽 (しょうよう) 太陽みたいに笑っていられる時代になりますように

 

幸喜 (こうき)   喜びや幸せがたくさんある時代でありますように

 

光命 (こうめい) 生まれたときの光る命を大切にする時代であってほしい

 

幸命 (こうめい) みんなが幸せで命を大切にしてほしい

 

未希 (みき)   未来の子どもに希望をあげる

 

喜広 (きこう)  喜びを広げよう

 

明平 (めいへい)明は明るく、平は平和に暮らせるように

 

生人 (せいじん)去年は災害がたくさんあって、なくなった人がたくさんいたから、

           これからは生きる人がたくさんいてほしいから

 

明育 (あいく) 明るく育ってほしいから

 

このほかにも、みんなが安心して幸せに暮らせるような時代になることを願って

考えた元号が多かったです。子どもたちの考えの深さに驚き、感心しました。

次の朝会で、ほめようと思っています。 

 

お問い合わせ

山城小学校
TEL:86-1009