宿泊学習(5年生)

公開日 2019年5月27日

5月24日(金)、25日(土)に5年生が美馬市四国三郎の郷で、宿泊学習を行いました。

好天に恵まれすぎて、熱中症が心配されましたが、子どもたちは元気よく活動することができました。

1日目は、午後から川に出てカヤック体験です。初めての子ばかりだったのですが、転覆する子もいなく

上手にパドルを操作することができ、水面を滑るように進んでいました。

 

 

そのあとの、水鉄砲遊びは、少し熱が入りすぎたみたいでした。

 

 

いよいよ夕食のカレーライス作りです。

自分たちで米を飯ごうに仕掛け、カレーを作りました。

みんなで力を合わせ、とてもおいしくできたので、みごとな食べっぷりで完食しました。

 

 

夜は、交流広場でキャンドルの集いをしました。

中央のキャンドルに炎の誓いをしました。

そのあとのゲームは、各班で考えたゲームなどで楽しむことができました。

 

 

夜は、テントで就寝です。友達との語らいも、いつのまにか夜の静けさの中に消えていきました。

 

二日目は、パークゴルフをしました。始めは、スティックにボールがうまく当たらなくて苦戦していましたが、

徐々に慣れて上手に打つことができるようになりました。あわやホールインワンという児童もいたようです。

 

 

最後の活動は、食器作りです。竹でお椀と箸を作りました。

箸を削る「肥後守」は、初めて使う子がほとんどでしたが、上手に扱い「昭和の子ども」と少し肩を

並べることができました。

 

 

二日間の短い期間ではありましたが、子どもたちは学校では学べないような貴重な体験ができ、

「規律」「協同」「友愛」「奉仕」の精神を高めることができました。

これからの学校生活に生かして欲しいと思います。

「四国三郎の郷」のみなさん、たいへんお世話になりありがとうございました。